Excellent Coffee -Original Taste-

ログイン
ログインできない場合

買い物カゴへ

Word Search -キーワードで探す-



エクセレントコーヒーとは

商品メニュー

お買い得商品がズラリ勢揃い!数量限定なのでお早めに!

プライバシーポリシー
会員登録 トップページ 商品一覧 ご注文方法 お問い合わせ カタログ請求

  トップページ>コーヒーと健康
 
 コーヒーと健康
 
   コーヒードクターの健康Q&A
 
香りがもたらす脳への効用
The effects of coffee aroma on human brain function

コーヒーの香りは、リラックス効果と
脳の働きの活性化をもたらす
杏林大学医学部 古賀良彦教授の研究成果から

一杯のコーヒーがリラックスをもたらす……。じつはこれ、単なる気持ちのせいだけではないのです。このことを証明するため、杏林大学の古賀良彦教授のグループは、ある実験を行いました。
実験に用いたのは、挽いたコーヒー豆、レモン油、蒸留水の三種類。これらの香りを順に人にかいでもらい、そのつど脳のアルファ波を測定し、リラクゼーション効果の度合いを調べるという実験です。アルファ波は、リラックスした状態であるほど多く出現します。
結果は右下の図のとおり。他の二つに比べ、コーヒーの香りをかいだときに、突出してアルファ波が出現しました。
同時に、認知や情報処理という、いわば頭の回転に与える影響も、脳の電位を測るという方法で調べてみました。目で見て物事を判断したり、処理する際、コーヒーの香りが脳の機能を活性化させるかどうかを調べる実験です。結論は 、頭を使っているときにコーヒーの香りをかぐと、電位はより高くなり、脳の働きが格段に向上するということが判明しました。


香り別のアルファ波の比較
コーヒーの香りをかいだときには、
暖色系の濃い色の部分が増え、
アルファ波がよく出てリラックス
していることがわかる。

 
「ながら」状況下でも、脳の働きが向上!
コーヒーの香りが目から入る情報の処理能力をアップさせることはわかりましたが、たとえば、ラジオやテレビの音を聞きながら勉強をするという「ながら」状況の下ではどうでしょうか。
答えはイエス。耳で英単語を聞き分けながら、目で別の文字を識別するという実験でも、コーヒーの香りがある場合は無臭の場合に比べて脳の電位が高くなることがわかりました。このことは「ながら勉強」をしているときでも、コーヒーの香りが、確実に脳の働きを活性化させ、知的作業の能率アップにつながることを示しています。

焙煎の深さによる香りの効果の違いは?
さて、これまでの実験によって、コーヒーの香りがもたらす効果はわかりましたが、コーヒーの香りは焙煎の仕方によって変化します。はたして「浅煎り」「中煎り」「深煎り」という焙煎度の違いによって、脳の状態に違いは出てくるのでしょうか。
まず、アルファ波を測定したリラックス度の実験です。
その結果は、「深煎り」の香りがもっともリラックスした状態をもたらすことが判明しました。「中煎り」と比べ、情緒をつかさどる右側後頭部でよりアルファ波が増えるのです。これは、「深煎り」の香りがより情緒を安定させる可能性があることを示しています。
一方、頭の回転についてはどうでしょうか。
「A」「B」の文字を瞬間的に表示し、「A」のときだけボタンを押し、そのときの脳の電位の幅を測りました。結果は、「中煎り」の香りで電位が上がり、「深煎り」の香りでは目立った変化が見られませんでした。
以上の結果から、リラックスしたいときには「深煎り」がよく、勉強や仕事の能率アップには「中煎り」がよいというわけです。目的に合わせて、焙煎度の違うコーヒーを飲み分ける。そんな飲み方を試してみてはいかがでしょう。

コーヒーの二面性、リラックス効果により有効
コーヒーには眠気ざましなどの効果と、気分をリラックスさせる効果があります。この相反する2つの効果は、興奮時に働く交感神経と鎮静時に働く副交感神経によってコントロールされています。この交感神経と副交感神経の活性化レベルの測定は困難とされていましたが、京都大学大学院農学研究科の伏木亨教授により、心拍間隔の変化を波形で表すことで科学的に解明。興奮時には低周波成分が、鎮静時には高周波成分が確認され、コーヒーを飲んだ後は、副交感神経に支配される成分がより活性化することが明らかになりました。

 

サイトマップ 会員登録 トップページ 商品一覧 ご注文方法 お問い合わせ カタログ請求
Copyright(C)Dart Coffee Co.,LTD. Allrights Reserved.